●建築設計事務所を兵庫・大阪・岡山で探すなら注文住宅・外断熱・シックハウス・欠陥住宅対応の松尾設計室●



西平町の家 2007年4月完成

                













●概要●

インターネットから当社に来られたお客様の住宅です。 はじめてお会いしたときは土地購入直前で、土地購入に関して 特に問題がないかという相談から始まりました。

西宮市西平町という南斜面の高台にある立地からは昼夜とも 西宮の街の向こうに海を望む絶景の場所に今回の建物はあります。

以前は一軒のかなり幅の広い敷地だった土地を東西に分割して 売り出されていたため面積はかなり広々としている反面間口が せまく、奥行きが長い土地となっています。

せっかくの好立地の土地ですが、以上のような条件があり、普通に 設計していたのでは南面の一番いい場所に取れる部屋が限られる ことや、2階のレベルからではせっかくの景色をほとんど眺められない という問題がありました。それらの問題をクリアすることから 今回のプランは考えました。

まず南面の幅の狭さを解消するため玄関をあえて奥にもって行きまし。 こうすることで限られた南面をリビングとダイニングにあてることが 可能になりました。またリビングは吹抜とし、その北に隣接する形で 和室を設けることで内陸部の部屋であるにも関わらずきっちりと明るさを 確保することができました。

北側には玄関、トイレ、洗面脱衣、浴室が並ぶのですが北側もあえて 少し広くし、そこを庭にすることにより開放的にすることにしました。 暗くなりがちな北側の水周りを開放的に明るくすることができました。

北側玄関と南側のリビングをつなぐ廊下ですがこれも暗くなりがちな 部分ですが2階上部に設置したトップライトからの光が透明のガラス床を 通して落ちてくるので昼間は十分に明るいです。床にガラスを使っている といいましても、普通のガラスではありません。車のガラスと同じ強化ガラス を厚さ10mmのものの間にフィルムを挟みこんでさらに10mmの計20mmもの厚さ としているのでまず割れることはありませんし、万が一割れたとしてもフィルム があるので飛び散ることはありません。さらに最悪の場合を考えても 強化ガラスなので粉々に壊れるので安全です。

次に西宮の景色を一望するための工夫ですがこれはロフト部分の屋根をずらすことに よって窓を設けました。この先に「月見台」なるデッキ状のスペースを設ける ことにより西宮を一望することが可能になりました。またこの窓は家で最も高いところに ある窓なので、夏場風がほとんどない時でも上昇気流による通風効果があります。

家具の選定や住まい方も大変センスの良いお客様なので末永くこの建物を 使い込んでいただけると確信し、設計者として大変うれしく感じる物件でした。


□敷地面積 :248.44u(75.15坪)
□延床面積 :115.71u (35.00坪)
□1階床面積:65.06u
□2階床面積:50.65u
□構造   :木造軸組工法
□家族構成 :夫婦+子ども1人

●お客様の声●

まだ夏しか過ごしていませんが、以前住んでいた家や両親の実家と比べると 驚くほど涼しく快適に過ごせています。来られるお客様からの評判もいいです。


アクセス解析 & SEM/SEO講座 by CUBIT