●建築設計事務所を兵庫・大阪・岡山で探すなら注文住宅・外断熱・シックハウス・欠陥住宅対応の松尾設計室●



●●無料相談会のお問合わせはこちら!!●●

三木市の隣接住宅S邸&T邸 2007年5月完成














最初に、北側(黄色っぽい住宅)のS邸のお施主様がインターネットから
当社に来られました。その当時このお施主様は長野県にお住まいでした。
ですので打合のペースは通常より遅くしか行うことができませんでした。

そうしてゆっくりながら打合を進めていると、T様という全く新規のお施主様が
これまたインターネットから当社に来られました。そのときに持ってこられた敷地を
見て私は心底驚きました。「今この敷地の北側の敷地で当社が設計してるところです!!」

と・・・。 世の中本当に狭いと思いました。ネットを介して隣どおしになるだけでも本当に
低い確率であるだろうに、ほとんど時期も同じくしてというものすごい偶然でした。

でT様の方は打合のペースも普通に行うことができる方だったのでだんだんとS邸の
進捗に追いついていき、結局は同じ工務店にて同時着工ということに持ち込むことが
できました。
これはお互いにとって大きな経済的メリットがありました。それぞれは延床面積が
35坪程度と一般的な大きさですが、2軒あわせれば70坪となります。建物の
単価というものは大きくなればなるほど下がりますし、現場経費も半分ですみますし、
さらに、工務店間の競争意識もより強くなります。結果として普通に1軒の家を建てるより
双方100万円程度のコスト削減につながりました。

ただ単に横だったということであれば「偶然ってすごいね」で終わりなんですが
今回の場合はまさに100万円の宝くじが当たったような実際のメリットを産み出す
ことができました。

設計においても隣接しているので各々を最善に設計するしというのももちろんですが
2軒としての調和も考えながら設計を心がけました。

例えば北側の家は南からの光をたくさん取り入れるためできるだけ北に配置することは
一般的なことですが、南側の家は南側が車庫のスペースがとりにくい構造だったので
あえて北側に車庫を持ってくることにしました。こうすることで南側の方の適切な
車庫の配置と、北側の方の南面採光を両立させることを可能としました。
また、結果として車も4台が並列に並ぶようなデザインとなりより広く開放的で
統一感のある外観とすることができました。

ただ、この2軒の住宅は工程がかなり遅れてしまい両ご家族には本当にご迷惑を
おかけしてしまいました。そのこともあり入居後の写真撮影となったので
S邸は外観と内観の一部、T邸は外観のみの公開となっています。

●S邸概要●

□敷地面積 :209.99u(63.52坪)
□延床面積 :119.77u (36.23坪)
□1階床面積:63.76u
□2階床面積:56.01u
□構造   :木造軸組工法
□家族構成 :夫婦+子ども2人

●T邸概要●

□敷地面積 :209.36u(63.33坪)
□延床面積 :108.05u (32.68坪)
□1階床面積:60.03u
□2階床面積:48.02u
□構造   :木造軸組工法
□家族構成 :夫婦のみ


アクセス解析 & SEM/SEO講座 by CUBIT