●建築設計事務所を兵庫・大阪・岡山で探すなら注文住宅・外断熱・シックハウス・欠陥住宅対応の松尾設計室●



Skip Floor Cafe 2009年3月完成










●概要●

非常に活動的なご家族で設計当初からいろいろと楽しめそうな要望がたくさんありました。

まずは吹抜に面する部分にファミリースペースを設けるというものでした。ただそれが
普通に設けるのではなく、「下にいる人から近く感じるようにしてほしい」という要望
でした。そこで、採用したのがスキップフロアです。
このファミリースペースは通常の
2階レベルよりも約60cm下げました。それによりその下の部分の天井高さは若干低く
なりました。しかし、下げたことによる圧迫感を感じることはほとんどなく、逆に1階
との親近感だけがぐっと増した感じになりました。

また、ご主人も積極的に料理をされるということで、L型のオーダーキッチンを採用しま
した。とはいえ、予算に制限があったので絞るところは絞って比較的リーズナブルに実現
することができました。

「コーヒーの焙煎機がおきたい!」という要望もあったため、家の裏側には巨大な
コーヒー焙煎機をおきました。業務用の本格的なもので1帖間の大きさに大人の
背の高さほどの大きさがあるものです。

さらに、「薪ストーブも採用したい!」という強い要望がありました。当初から「○○という
メーカーの○○という物を使いたい」という具体的な要望を持っておられるほどでした。

まだ続きます・・・。子どもさんがボーイスカウトに参加されていることもあり、キャンプ
用品等も非常にたくさんお持ちでした。しかし、敷地面積、建物面積ともに限りがあります。
そこで、和室を床上した上での床下収納、巨大な小屋裏収納スペース等も設けました。

と要望を伺っただけでも、楽しくなってしまうような内容でしたが、制約もいろいろありました。
敷地がそれほど広くない上に、横幅がせまい。北側斜線の制限もきつい。それを解消したのが
玄関をあえて北側に配置することでした。以前から南北に細長い南面道路の家ではよくやっていた
方法です。こうしたことで、LDK、和室等の快適な部分をすべて南側に配置することができま
した。また、北側玄関から南のリビングへつながる廊下の先には吹抜があり、そこを歩いてくる
眺めは気持ちがいいです。

「それほど大きな家ではない中に5人もの家族が、たくさんのものと一緒に住めるようにできた。
しかも、狭さは感じさせない。」
これが実現できたことは本当に良かったと思っています。

□敷地面積 :180.00u(54.45坪)
□延床面積 :124.20u (37.57坪)
□1階床面積:66.24u
□2階床面積:57.96u
□構造   :木造軸組工法
□家族構成 :夫婦+子供3人


アクセス解析 & SEM/SEO講座 by CUBIT