●建築設計事務所を兵庫・大阪・岡山で探すなら注文住宅・外断熱・シックハウス・欠陥住宅対応の松尾設計室●



加古川市 東播磨中央教会 2006年4月完成






●東播磨中央教会ができるまで●

東播磨中央教会にはじめてお伺いしたのは2004年だったように思います。 当時私達は教会の設計経験はゼロでしたが、既存の教会の老朽化と面積不足が 深刻になってきており、「一刻も早く会堂を建てたい」 という信者の皆さんの願望がありました。その一方で、会堂建設用に購入していた 土地が教会を建てるには法的にいろいろと手間がかかる土地であったため、はじめて お会いしてから申請のメドが立つまで役1年程度かかりました。一時は市役所の方 から「建設不可」と断定されそうになった時期もありました。

  「要望は大きいが予算は限られている」という条件の中で出てきたのが 「木造で素材感を生かしたシンプルな教会にしよう」という結論でした。

そこからの進展は非常に早いものがありました。藤森先生の求心力、そして信者の 皆さんの協調性も相まってとんとん拍子で図面が出来上がっていきました。

ここで簡単にこの建物の特徴を述べます。

・一般的な在来木造でありながら100人程度を収容できる天井の高い礼拝堂。
・加古川市では初めてとなる納骨堂を建物の中に設けた塔屋
(木造五重の塔になっておりおそらく全国的にも極めて珍しいと思います。)
・説教壇の後ろの巨大な十字ガラス
・門型フレームの連なるホール

コストを抑えた割にはそれなりに見所のある建物になったと感じております。 また内部の家具全般に至っては友人でもある円司の宮川さんの協力もあり 兵庫県の木を使った優しい雰囲気の家具をつくることができました。これは当然 ながら私どもの力だけではなく、度重なる藤森先生からの助言、厳しい工事費 にも関わらず労を惜しまずご協力下さった三宅建設の方々、そしてそれらを支えて 下さった信者の皆様のお力無しには到底なし得なかったと痛感しております。


●東播磨中央教会 概要●
□所 在 地 :加古川市野口町北野
□敷地面積 :663.59u(200.73坪)
□延床面積 :477.52u (144.44坪)
□1階床面積:296.91u
□2階床面積:181.51u
□構造   :木造軸組工法

●神戸新聞2006/6/20朝刊記事●

●東播磨中央教会 地図●

●東播磨中央教会信者の皆様の声●

今現在感想をまとめているところです。


アクセス解析 & SEM/SEO講座 by CUBIT