無料掲示板

●家を建てる前に読んでおくべき本●



多くの方がベストセラー「いい家が欲しい」を読んでおられるかと思います。
あの本は外断熱(木造外張断熱)を世に知らしめたという意味では大きな功績が
ありますが、熱環境工学的に見るとかなりの誇張や誤りの表現が見られます。
下に紹介する本は一般の方でも読みこなせる上に、正確な知識が得られる本です。
ありとあらゆるカタログや営業トークでなにが真実か分からなくなっている方には
どの本も本当にお勧めです。


省エネ・エコ住宅設計究極マニュアル☆☆☆☆☆
私もこの本の中で10ページ分ほど執筆担当しました。監修は自立循環型住宅研究会
の野池さん。他にも同会のメンバーの中から有志が集まって作り上げた本です。
今まで発売された断熱、環境系の住宅本の中で最も実践的かつ詳しく分かりやすい
本だといえます。この本を読んでおけば、一般の方なら業者の営業トークに惑わされる
ことはなくなります。プロの方でも今まで正確には知らなかった断熱、省エネに
関する知識を得ることができます。出版社のエクスナレッジさんも相当気合いを
入れて作った本です。これから建てようとする方も、実務者にとっても必携の
一冊です。

最高の断熱・エコ住宅をつくる方法☆☆☆☆☆
西方里見さんという秋田県の断熱に詳しい設計事務所の方が書かれた本です。
この方は、木材を表面に表した住宅が得意でデザイン的にも住宅建築家の
域の方です。普通は上記の二人のように熱環境に走るか、アトリエ系といって
デザインにのみ走る方が多い中、両立している数少ない設計士さんだと思い
ます。設計士だけに費用対効果の記述が多く、また机上の空論ではない施工
現場での問題等も多く乗せられておりお勧めの一冊です。前作「外断熱が危ない」
からはるかに発展した内容には改めて凄さを感じます。

世界基準の「いい家」を建てる☆☆☆☆☆
ドイツのパッシブハウスという世界最高水準の家と、それにまつわる
EUの基準や諸事情を分かりやすく説明した画期的な本です。私も著者の森さんと
共にドイツのパッシブハウスを見て回りましたが、その驚異的な性能におどろかされ
るばかりでした。非常に難しい内容を極めて分かりやすく、正確に書かれており
CO2削減が至上命題になっている日本の住宅関係者は必読の書であるといえます。

宮脇檀の住宅設計テキスト☆☆☆☆☆
これは熱というよりもデザインに関する本です。
日本の住宅建築家の中では神様のような人です。すでに
亡くなられましたが、私のように設計をしているものでもたまに
見返したくなるような本です。設計者(建築家)とはどのようにもの
を考えて設計を行うのか。又どうして設計料というものがあるのかというような
意味が本当に分かっていただけると思います。リビングが10帖で子供室
6帖×2で・・・といったことだけで設計することを設計と思っている方には
目からウロコかもしれません。

高断熱・高気密バイブル☆☆☆☆☆
この本は「技術編」と「本編」に分かれており、それぞれ表からと裏から読んで
いくという非常に面白い形式をとっています。書かれている内容は上の本と同
じく分かりやすく、正確ですが、それに加えて乱立する断熱工法や、
フランチャイズの簡単な歴史が載っているところも面白いです。
またあらゆるメーカー等の連絡先のリストも載っています。

木材は環境と健康を守る木材を生かすシリーズ☆☆☆☆☆
木造住宅の営業マンが必ずひきあいに出してくるねずみの生存率の実験について
詳細に書かれた本です。この本を読むとあのトークがいかに偏ったものであるか
がよく分かると同時に、それとは別に統計として表れてくる木造住宅が人間に
及ぼす精神、肉体面への優しさを心のそこから実感することができます。
この本を読んだら木造しか建てられなくなるかも・・

健康で長持ちの家が一番 ☆☆☆☆☆
私が知る限り、熱環境工学の専門家でなくても読める住宅本の中で
最も素晴らしい熱環境及び空気環境を実現している住宅の本です。
外断熱の利点、気密の重要性及び経年劣化について、換気経路の説明
などどれをとっても正確かつ分かりやすいものとなっています。
著者はあるフランチャイズのオーナーらしいのですが、その商品は熱的には
素晴らしいのですが、デザインが建売のようになっているところが残念です。

「じっくり派」のための家づくり講座 ☆☆☆☆☆
初めて読んだとき、自分とここまで考え方が似ている人がいるのか?と
思わされた本です。断熱に関する基本を偏りなく丁寧に解説しているところが
すばらしい本です。どの会社の誰の言っていることが正しいのか?分からなく
なる前に読むのが理想的ですが、分からなくなってからでも迷宮から脱出できる
糸口になりうる本です。

最新建築環境工学 ☆☆☆☆☆
この本は一般向けの本ではありません。確実に業者向けの本です。しかしながら
Q値、C値、結露計算といった断熱における基本事項について、ソフト等を
使う前の時点の根本原理を理解している実務者は実に少ないのが実情です。
そうなっている大きな原因が建築関連の大学、専門学校でこういうことが義務と
して教えられていないということが挙げられます。この本を読めばそういう本来は
実務に入る前に押さえておくべき内容ばかりですが、建築設計に携わる方は必携の
一冊です。
アクセス解析 & SEM/SEO講座 by CUBIT