●ランニングコスト(電気代等)●



●●無料相談会のお問合わせはこちら!!●●

せっかく「質の高い温熱環境」を実現する住宅を作れたとしても、その
環境を維持するのに莫大なランニングコストがかかったり、もしくは使うの
を渋ってしまうほどのコストがかかってしまうと、宝の持ち腐れとなって
しまいます。本当の豊かさとは、そういうことを気にしなくても常に心地よい
環境が整っていることだと思います。

必要以上の電化製品や物などはたくさんあっても、快適な温熱環境や冬の
寒い朝、蛇口をひねるとすぐにお湯が出るといったことが実現できている
家は少ないように思います。

まず家庭におけるエネルギー源についてお話します。
大きく分けると 「電気」「プロパンガス」「都市ガス」「灯油」この
4パターンが家庭用の 4大エネルギー源です。

この中で誰もが使える熱源は電気と灯油だけです
都市ガスと、プロパンガスはどちらか使っているか、オール電化の家では
使ってない方もいらっしゃると思います。

ここで平均的な家庭でのエネルギー消費(ランニングコスト)割合についてみてみると
照明・AV機器他 21%
調理        8%
給湯        46%
冷房        2%
暖房       23%

となっています。これをみて分かることは、住宅においては給湯に使うエネ
ルギー(ランニングコスト)がもっとも大きいということです。しかもこれが約半分を占めます。
次に大きいのが暖房です。これもまた1/4を占めておりこの二つを抑える
ことができればかなりの効果が期待できるということになります。また
意外なのは、冷房にかかるエネルギー(ランニングコスト)がわずか2%程度だということです。


では一番エネルギー(ランニングコスト)を使う給湯器の選定が最も重要となるので
そこから考えてみましょう。


給湯器はおおまかにわけて下記の5種類があります。
最もランニングコストの安いエコキュート(深夜電力利用ヒートポンプ式温水器)を1とすると
プロパンガス給湯器               7
都市ガス給湯器                 5
深夜電力利用給湯器            3
灯油給湯器                    2
エコキュート給湯器                 1

となります。これを見ると、灯油もなかなか検討してはいるものの、臭いや、
給油の手間を考えると、現時点ではエコキュートがもっとも優れた選択と
なります。


同様に暖房エネルギー(ランニングコスト)についても数字が出せればよいのですが、ありと
あらゆる暖房機器があるため一概に比較できません。


では現時点ではオール電化の住宅がよいのでしょうか?
これは個人的見解ですが、やはりどうしても最後にガスの砦があります。
「ガスコンロ」です。これはIHと激しく争っていますが、やはりガスコンロは捨
て難いと思っています。


←前のページへ