●マンションは暖かい?●



「コンクリートには断熱性があるからマンションは
一戸建て住宅より暖かい」

と思っている人はいませんか?

この文章は一部正しく一部間違っています。正確には
「コンクリートにはほとんど断熱性はないが、マンションは上下左右が
隣人の部屋に囲まれている場合が多いので、断熱性能の悪い一部の
一戸建て住宅より暖かい場合が多い」

というのが正解です。

その証拠に、マンション最上階の角部屋というのは結構寒さがきびしかったりします。
これは鉄骨のマンションにおいても同じ話です。鉄骨の住宅というのは外壁に
ALC(軽量気泡コンクリート)というものをはる場合が多いですが、これはコンクリートに
比べると断熱性が高いのですが、それでも断熱材と比べるとだいぶん劣ってしまいます。

「同じ構造で同じ断熱材の家なら周りを住宅で囲まれたマンションの方が
暖かいのは当たり前なのです。」

逆に「一戸建て住宅というのはたいてい全面が外気にさらされているので、集合住宅
より断熱性に気を使わなければ、寒い(暑い)家になってしまいやすいということです。」

だから「シングルガラスで断熱材も薄いマンション」と、
「ペアガラスで断熱材も厚い一戸建住宅」が同じくらいに感じて
しまうことがあるのです。

「断熱性」のところで詳しく外断熱について述べましたが、今新築している
マンションですら99%以上が内断熱です。でも国民の間でも少しづつではあり
ますが、外断熱への理解が広がりつつあり、マンションを売る側も偽りの
営業トークが通用しなくなってきているのと、何か差別化がなければ
マンションが売れないという事情もあり、この問題はは大きく改善していくと
思われます。ただ、今まで販売してきたものを露骨に批判することができな
いので、どこが先陣を切るか、足踏みしながら様子を見ているのが現状の
ようです。

←前のページへ次のページへ→

 
アクセス解析 & SEM/SEO講座 by CUBIT