●涼しい家にしたい!●



●●無料相談会のお問合わせはこちら!!●●

「夏涼しい家にしたい」

というのは日本人なら誰もが望むことだと思います。
ただ単に涼しいだけならクーラーをガンガンに効かせればいいでしょう。
でもそれが本当に快適でしょうか?

今はオフィスでも勤務時間中はクーラーが当たり前、寝る前もタイマーを
かけて寝る方が多いのではないでしょうか。
当然こんな生活が続いていると、冷房病とよばれる体調不良の方がたくさん
でてきます。

このページでお話するのはできるだけクーラーにたよらない
「涼しい家」の作り方です。では詳しく見ていきましょう。

「質の高い温熱環境」では冬のことをメインに話しましたが、断熱性・気密性
を高めることは夏においても当然有効です。ただし全く冬とは逆の状況になります。

例えば壁面温度を35℃としましょう。それならば、25℃に感じよう
と思うのなら、クーラーの設定温度は15℃にする必要があります。
ところが断熱性の高いいえならば壁面の温度が27℃、空気温度が23℃で
同じ25℃に感じることが可能になってきます。

が、ここで重要なことがあります。一つの条件を満たさなければなりません。
「昼間窓からの日射をきちんと遮ってやる」ということです。

これは普通の家庭ならカーテンやブラインドが一般的だと思います。

ところが、これはしないよりもした方が随分ましですが、それほどの効果は望
めません。なぜなら窓ガラスを通って室内に入ってきた熱エネルギーがカーテン等
にたまってしまう分があるからです。これを解消するのに最近では外付ブラインド
なるものがサッシメーカー等から出されていますが、あまり一般的ではありません。

どうすればよいのでしょう・・?

窓の外に‘よしず’をかければ良いのです。
こうするだけでもだいぶん「涼しい家」に近づきます。

先人の知恵というのはほんとにたいしたものだと思います。まあこれは建築後の
対処法ですが、新築するときにはどんな方法が考えられるでしょう?

等の対策が考えられます。

この中で「涼しい家」を造るのに特に考慮したいのが「屋根」です。

夏の日射というのは屋根面からの熱の進入量が最も多くなります。多くの方
が1階よりも2階のほうがはるかに暑いことを実感として持っておられると思
います。では屋根面からの熱の進入をできるだけ少なくするにはどうしたらよ
いでしょうか?

当然高断熱にすることは大きな意味があります。でもそれだけでは足りません。
なぜなら、関東や関西などの温暖地域においては冬の室内外の温度差とというのは、
せいぜい20℃程度ですが、夏においては50℃くらいになります。屋根に
よっては80℃近くなるものがあるということです。50℃の温度差を断熱材だけ
でさえぎろうとした場合、非現実的な厚さの断熱材が要求されます。
ではどうすればよいのでしょうか?

まず屋根の表面に当った時点で熱エネルギーを逃がしてやる必要があります。

これにはまず反射率の高い仕上材を使う必要があります。
色でいうなら黒より白、白よりもアルミのような色、これだけでも随分違います。
虫眼鏡で黒紙を燃やす実験を考えればわかりますよね。

材料でいうならば、熱容量の大きい瓦より薄いカラーベスト、素材自体に放熱効果
のあるガルバリウム鋼板がいいです。屋根の熱容量が大きいと、夜太陽が沈んだ後も
ずっと熱が残ってしまうことになるので、いくら外断熱でもこれはこのましいこと
ではありません。

ちなみにある夏の日の相当外気温度といって屋根表面温度に相当する温度は
カラーベスト          65.5℃
ガルバリウム鋼板 ブルー色  62.0℃
ガルバリウム鋼板 シルバー色 55.0℃

  という資料があります。この違い分かっていただけますでしょうか?

次に
「それでも逃がしきれなかった熱を
 断熱材より上で逃がしてやる必要があります。」

これが空気層といわれるものです。これによって暖かい空気は上に上がって
いく効果も手伝って自然に下から冷たい空気が吸い込まれ、空気の対流に
よる効果が期待できます。

外壁については、屋根ほどではありませんが、やはり同じことがいえると思い
ますが。建売住宅等に多いサイディングやモルタル塗りの外壁もそれなりの
熱容量があるので、ましてや濃い色になると夏は不利であることが推測され
ます。

しかし・・・、皮肉なことに屋根に関しては黒っぽくて熱容量の多いものが
一番多く使われています。「涼しい家」に住みたいはずが・・・。

あとはどれだけ体感温度を下げるかということになりますが、
湿度10%≒1℃
風速1m≒1℃

に換算できるというのが目安です。

ということは、除湿機や通風、扇風機、うちわなどの出番が出てくるわけです
ここまでやればクーラーなしでもかなり「涼しい家」になるでしょう!!

←前のページへ次のページへ→


アクセス解析 & SEM/SEO講座 by CUBIT