●設計事務所で「満足できるデザイン」を実現する!●



●●無料相談会のお問合わせはこちら!!●●
●●無料相談会のお問合わせはこちら!!●●

デザイン論をうんぬんする前にお話したいことがあります。
聞いたことがあるかもしれませんが、「マズローの欲求段階説」という説です。

これはどういうものかというと、欲求にはおおまかに分けて五段階のレベルがあり、
下から順に
「生理的欲求」→「安全の欲求」→「親和の欲求」→
「自我の欲求」→「自己実現の欲求」
の順番となっていくというものす。

下のほうの欲求は誰もが満たしたいと思っていますが、
現在の日本においてはほとんど当たり前となってしまっています。
人間というのは贅沢なことに、下の段階の欲求を満たしてしまうと、
その上の段階の欲求をみたさなければ精神的に満たされないようになっているらしいのです。

 この説を住宅にあてはめて考えると、「生理的欲求」にあたるものとしては、
「飯が食えないのに家にかけるお金はない。」というようなことになるでしょうか。

「安全の欲求」ですが、ただ単に家を所有するだけではなく、地震で壊れない
ことであったり、シックハウス症候群にかかったりしないといったようなことが考えられます。

次に「親和の欲求」ですが、家の中においては家族の仲をとりもつことであり、
家の外では、ある程度日影に配慮して建てる等、御近所との関係を悪化させない、
又町並みに合わせるような家になります。

 さてこのあたりからデザインに関わってきます。

「自我の欲求」と「自己実現の欲求」です。

これは自分が好きなデザインであるといったことや、「ほら、すごいだろ」
といいたくなるような家を指します。

たしかにいわゆる豪邸という家では、ほんの数人のために何百uもの家を作ったり、
通常の何倍もの値段の床や壁等さまざまな材料が惜しげもなく使われています。

私もあなたに予算が充分にあり、それを要望されるなら当然そういうデザインも行います。

ただ、大多数の人はそこまで金銭的な余裕がありません。

じゃあどうすればいいのかというと、原則があります。

「絶対に下の段階の欲求から順番に満たしていかなければならない」
ということです。

つまり、
「頑丈で、シックハウスにもならない見た目は何の変哲もない建売の家」
「構造は弱いけど、デザインはすばらしい家」があった場合、
間違いなく前者のほうが優れるということです。

「じゃあお金がないとデザインのいい家は建てられないの?」
というと一概にそうではありません。

ただコストの配分をより上手に考えないといけないということになります。

つまり、わざと丸い部屋を造ったり、見せかけだけのオブジェのようなものを
とりつけるといったデザインのためのデザインにお金をかけるのではなく、
「構造それ自体がデザインとなるような機能美的な美しさ」
に徹していく必要はあると思います。

ここから設計に対する大まかな考え方をお話します。


デザインで満足する家づくりのコツその@



デザインで満足する家づくりのコツそのA


 次に、きれいな部屋に住んでいるという実感がわくためには、建物引渡し後家財道具の搬入も終わり、 片付け終わった姿こそが重要で、空っぽの状態がきれいでも収納等の配慮が少なく、結果として
ごちゃごちゃした家になってしまえばあまりいいデザインとはいえません。
住宅メーカーや、マンションのモデルハウスで多くの方が心奪われるのは、きれいに片付いているのは
もちろんのこと、照明器具、家具、調度品、BGM、行き届いた空調等隅々まで行き届いた演出(デザイン)
がなされているからです。私がよく施主の方に説明するの言葉に、
「いい雰囲気の店は隅々まで気を配られているからいい雰囲気である。」
というのがあるのでのですが、一発でその雰囲気を壊すこともできます。

「S&Bのコショウ」 をテーブルの上に置くだけでいいのです。

これでその雰囲気は完全に壊れてしまうでしょう。それぐらい、いい雰囲気と
いうのは全体のバランスでなりたっているのです。

 でも・・・。毎日の生活は忙しいし、子供はちらかすし・・・等実際の生活
でそんな雰囲気を維持するのは本当に難しいことです。
だからこそ、適当に生活していてもそれなりに見えるような設計が必要となってきます。
 今大多数の新築住宅は、LDKが一体になった設計がほとんどです。

これらを一体にすることで少ない面積でも広く感じることができるというのが一番の利点ですが、
この場所は家族が集まる唯一の場所であり、応接間がなくなった今になってはお客様との応接間にもなります。

ということは、
「リビング・ダイニングだけでもそれなりにしておけば、
家全体の「デザイン」がよくなったように感じやすい。」
ということです。

よって、リビング・ダイニングだけは家具、調度品含めて最初から考えておくのが良いと思います。

これは多少リビングが広いことよりも大きな効果があります。


デザインで満足する家づくりのコツそのB


他にもいろいろありますが、このようなことを組み合わせて考えると、面積の割りに広く感じる空間を演出(デザイン)できます。


デザインで満足する家づくりのコツそのC



デザインで満足する家づくりのコツそのD



デザインで満足する家づくりのコツそのE



デザインで満足する家づくりのコツそのF



デザインで満足する家づくりのコツそのG



デザインで満足する家づくりのコツそのH


他にもたくさんありますが、代表的な考え方をあげてみました。
これらのことを複合的に検討していくことで、家のデザインが出来上がっていきます。

その結果として何年たっても「居心地のいい家」に近づくことができます。

←前のページへ次のページへ→


アクセス解析 & SEM/SEO講座 by CUBIT